AI

生成AIとは?種類や活用方法、メリットデメリットについて、わかりやすく説明します!

2024.02.09

生成AIとは

“生成AI” という用語は、AI(人工知能)がコンテンツや情報を生成するために使用される技術を指す一般的な言葉です。生成AIは、テキスト、画像、音声、ビデオなど、さまざまなメディア形式で情報を生成できます。

生成AIの特徴

一般的に生成AIの特徴として、下記のようなものが挙げられます。

コンテンツ生成能力

生成AIは、テキスト、画像、音声、ビデオなど、さまざまなメディア形式のコンテンツを生成する能力を持っています。これにより、新しい文章、写真、音声クリップ、アニメーションなどを自動的に生成できます。

自己学習と適応性

生成AIは、トレーニングデータに基づいて自己学習し、新しい情報や傾向を捉えることができます。これにより、変化する環境やデータに適応しやすく、時代に合ったコンテンツを生成できます。

クリエイティビティと多様性

生成AIは、独自のクリエイティビティを持ち、異なるバリエーションやスタイルのコンテンツを生成できます。これにより、アート、デザイン、音楽などのクリエイティブな領域で活用されます。

自然な人間らしい出力

テキスト生成AIは、自然言語を理解し、人間のような文章を生成することができます。音声合成AIは、自然な音声を合成できます。これにより、コンピュータとのコミュニケーションが向上します。

カスタマイズと応用範囲の広さ

生成AIは、さまざまな用途にカスタマイズできます。ビジネス、教育、エンターテインメント、医療、クリエイティブな分野など、多くの分野で応用が可能です。

自動化と効率性

生成AIは、繰り返し作業やルーチンなタスクの自動化に役立ちます。これにより、人間のリソースを節約し、効率的な業務運営が可能になります。

課題と倫理的懸念

生成AIの使用には、倫理的な問題や課題が伴います。偽情報の生成やプライバシーの侵害など、慎重な使用が必要です。

生成AIは、多くの分野で有用なツールとなっており、将来的にさらに多くの応用分野が拡大することが期待されています。

生成AIの主要なアプローチ

自然言語処理(NLP)に基づくテキスト生成

テキスト生成AIは、文章、レポート、ストーリー、詩などのテキストを生成します。

GPT-3のようなモデルは、自然言語を理解し、人間のように文章を生成するために使用されます。

画像生成

画像生成AIは、写真やイラストを生成するために使用されます。

GAN(Generative Adversarial Network)は、画像生成のために広く使用される手法の一つです。

音声合成

音声生成AIは、音声コンテンツ、ナレーション、音楽などを生成するために使用されます。

テキストから音声に変換するTTS(Text-to-Speech)技術もその一例です。

ビデオ生成

ビデオ生成AIは、映像コンテンツやアニメーションを生成するために利用されます。

リアルタイムのビデオ合成や特殊効果の追加にも使用されます。

生成AIは、クリエイティブなコンテンツ制作、デザイン補助、テキストの自動化、カスタマーサポートの向上など、さまざまな用途で活用されています。

ただし、生成AIはデータとトレーニングに依存し、倫理的な課題や偽情報の拡散などにも注意が必要です。

生成AIの仕組み

生成AIの仕組みは、一般的に深層学習モデルや生成モデルを使用して、データから新しいコンテンツや情報を生成する仕組みとなっています。

具体的には、下記のようなステップで行われます。

データの収集と前処理

生成AIをトレーニングするためには、大量のデータが必要です。例えば、テキスト生成の場合、多くの文章データセットが使用されます。データはクリーンアップ、トークン化、ベクトル化などの前処理ステップを経て準備されます。

モデルのトレーニング

生成AIモデルは、ディープラーニングアーキテクチャを使用してトレーニングされます。例えば、テキスト生成のためには、リカレントニューラルネットワーク(RNN)、トランスフォーマーモデル、またはGAN(Generative Adversarial Network)などが使用されます。トレーニングプロセスでは、モデルは入力データに合わせたパラメータを調整し、データの特徴を学習します。

生成プロセス

トレーニングが完了した生成AIモデルは、新しいデータやコンテンツを生成するために使用できます。生成プロセスは、通常、モデルに初期テキストまたは画像を与え、モデルがそれをベースに新しい情報やコンテンツを生成するステップです。

ファインチューニング

生成AIモデルは、トレーニング後にファインチューニングされることがあります。特定のタスクやドメインに適応するために、モデルのパラメータを微調整するプロセスです。

生成AIの中でも、自然言語生成(NLP)、画像生成、音声合成、ビデオ生成など、さまざまなタイプが存在します。モデルの複雑性やデータセットの規模によって、生成AIの性能が異なります。また、生成AIはトレーニングデータに依存するため、適切なデータの収集とトレーニングが鍵となります。

従来のAIとの違い

生成AIと従来のAIの違いを、「目的」「学習方法」「出力能力」「応用範囲」「倫理的懸念」の観点でご説明すると、下記のようになります。

目的

従来のAI

従来のAIは、主にタスク指向型で、特定のタスクや問題を解決するために設計されています。例えば、画像認識、音声認識、自動運転などがあります。

生成AI

生成AIは、新しいデータやコンテンツの生成が主な目的です。テキスト、画像、音声、ビデオなど、さまざまなメディア形式の生成に特化しています。

学習方法

従来のAI

従来のAIは、ルールベースのプログラミングや教師あり学習、強化学習など、特定のアルゴリズムに基づいてプログラムされます。

生成AI

生成AIは、ディープラーニングやニューラルネットワークなどの機械学習アプローチを使用して、大規模なデータセットから自己学習します。生成モデル(例: GAN、トランスフォーマー)は、データからパターンを学習し、新しいデータを生成します。

出力能力

従来のAI

従来のAIは、特定の入力に対して特定の出力を生成します。例えば、画像認識AIは画像内のオブジェクトを識別し、分類します。

生成AI

生成AIは、与えられた入力に基づいて多様な出力を生成できます。テキスト生成AIは、与えられたテキストに対して多くの異なる文章を生成できるため、クリエイティブな用途に適しています。

応用範囲

従来のAI

従来のAIは特定のタスクに特化しており、そのタスクに関連する問題を解決するのが主な用途です。

生成AI

生成AIは、多くの異なる分野で応用が可能です。文章の生成、デザイン、音楽作成、映像制作、コンテンツ生成、会話ボット、翻訳など、多岐にわたります。

倫理的懸念

従来のAI

従来のAIも倫理的な問題がありますが、生成AIは偽情報の生成やプライバシー侵害などの懸念がさらに高まっています。

生成AI

生成AIは、クリエイティブな用途や新しいデータ生成など、多くの分野で革新的な可能性を秘めていますが、その使用には慎重な対応と倫理的な配慮が必要です。

生成AIが注目されるようになった理由

生成AIが注目されるようになった主な理由は、下記のような背景が挙げられます。

ニューラルネットワークの進化

深層学習技術や大規模なニューラルネットワークのトレーニングが可能になったことで、生成AIの性能が大幅に向上しました。これにより、より高品質なコンテンツ生成が可能になりました。

自然言語処理の進歩

自然言語処理(NLP)技術の進化により、テキスト生成AIが自然な文章を生成できるようになり、文章の品質が向上しました。これは、コンテンツの自動生成や言語翻訳などの応用に役立っています。

画像生成技術の発展

生成対抗ネットワーク(GAN)などの画像生成技術の発展により、高品質な画像生成が可能になりました。これにより、デザイン、アート、映像制作などの領域での応用が拡大しました。

クリエイティブな用途への適用

生成AIは、文章、画像、音声などのクリエイティブなコンテンツ生成に適しており、広告、マーケティング、エンターテインメント、アート、音楽、映画制作などの分野で注目されています。

個人化とカスタマイズ

生成AIは、個人化されたコンテンツの提供やカスタマイズされた情報の生成にも利用されており、ユーザーエクスペリエンスの向上に寄与しています。

自動化と効率性

生成AIは、繰り返し作業やルーチンなタスクの自動化に役立ち、生産性の向上に寄与します。特にビジネスプロセスの自動化において注目されています。

資源の節約

生成AIは、人間リソースや時間を節約できるため、コスト削減に寄与します。例えば、カスタマーサポートの自動化やコンテンツ生成において、大きな効果が期待されます。

倫理的な課題と議論

生成AIの普及に伴い、偽情報や倫理的な問題が注目され、議論の的となっています。倫理的なガイドラインや規制の必要性が議論されています。

これらの要因から、生成AIは多くの分野で注目され、さまざまな用途で活用されています。その一方で、倫理的な課題や技術的な制約も考慮しながら、適切に活用する必要があります。

生成AIの業務活用シーン

生成AIは、昨今さまざまな業務活用シーンで活用されはじめています。

具体的には、下記のようなシーンが挙げられます。

コンテンツ生成

テキスト生成

自動記事生成、商品説明の自動生成、ブログポストの作成、コンテンツマーケティングの支援などに使用されます。

画像生成

デザイン補助、イラストの生成、写真の修復、カスタマイズされた画像の生成などに応用されます。

音声合成

オーディオブックの制作、ナレーションの自動生成、音声アシスタントの声のカスタマイズなどに活用されます。

ビデオ生成

広告映像の自動生成、アニメーションの制作、動画コンテンツの生成などに使用されます。

カスタマーサポート

チャットボット

カスタマーサポートチャットボットは、顧客の質問に自動応答し、問題の解決や情報提供を行います。

FAQの自動生成

よく寄せられる質問(FAQ)の自動生成により、顧客への迅速な回答を実現します。

データエンリッチメント

データの自動生成

欠損しているデータや情報を自動生成し、データセットを補完します。

クリエイティブ制作

アート生成

生成AIは、アーティストやデザイナーのクリエイティビティを補完し、新しいアート作品を生成します。

音楽生成

音楽制作や作曲において、新しい楽曲の生成や楽譜の自動生成に使用されます。

自動化と効率化

プロセスの自動化

ルーチンな業務プロセスの自動化により、効率が向上します。例えば、契約書の生成や文書整形などがあります。

予測分析

生成AIは、ビジネスデータの解析や将来のトレンド予測にも活用されます。

言語翻訳

自動翻訳

 テキスト翻訳ツールとして使用され、多言語間のコミュニケーションを支援します。

マーケティング

マーケティングコンテンツ

メールマーケティングキャンペーンのメッセージ生成、ソーシャルメディアコンテンツの作成などに応用されます。

ヘルスケア

医療レポートの自動生成

メディカルリポートや診断報告書の自動生成に使用され、医療分野で効率的な文書作成を支援します。

これらは生成AIの一部の業務活用シーンであり、その応用範囲は多岐にわたります。生成AIは、業務プロセスの効率化、クリエイティビティの促進、コンテンツ生成の支援など、多くの側面で価値を提供しています。

メリット(活用によってもたらされるインパクト)

生成AIの活用によってもたらされる主なメリット(インパクト)は、下記が挙げられます。

効率の向上

生成AIはルーチンなタスクや繰り返し作業を自動化し、効率を向上させます。これにより、人間のリソースをより戦略的なタスクに割り当てることができます。

24時間対応

チャットボットなどの生成AIを活用することで、24時間365日対応のカスタマーサポートを提供できます。顧客からの問い合わせに迅速に応答し、サービスの可用性を向上させます。

カスタマイズとパーソナライズ

生成AIは個別のニーズに合わせてコンテンツを生成でき、ユーザー体験をカスタマイズできます。パーソナライズされたコミュニケーションやサービスを提供することで、顧客満足度を高めます。

コンテンツの大量生成

生成AIは大量のコンテンツ(テキスト、画像、音声、ビデオ)を迅速に生成できるため、コンテンツマーケティングや広告キャンペーンの支援に活用されます。多くのコンテンツを効率的に生成することで、オーディエンスにアプローチしやすくなります。

クリエイティビティの促進

生成AIはアート、音楽、デザインなどの創造的な領域で使用され、新しいアイデアやコンセプトの生成をサポートします。クリエイティビティを刺激し、新たな視点を提供します。

マルチ言語対応

自動翻訳や多言語対応の生成AIは、国際的なコミュニケーションとビジネス展開を支援します。多言語間の情報交換を効率化し、グローバル市場での競争力を高めます。

誤りの削減

生成AIは一貫した品質で作業を行うため、人間による誤りやヒューマンエラーを削減します。特にデータの整形や文章生成など、正確性が重要なタスクで有用です。

顧客応答時間の短縮

チャットボットや自動応答システムにより、顧客からの問い合わせに迅速に対応できます。これは顧客満足度を向上させ、競争力を強化します。

データ生成

欠損データや不足情報の生成に、生成AIを利用することで、データセットの補完が可能です。これは機械学習モデルの訓練や予測モデルの向上に寄与します。

新しいビジネスモデルの創出

生成AIは新たなビジネスモデルの構築や収益源の開拓にも活用されます。例えば、自動生成されたコンテンツの販売やAIによるクリエイティブプロジェクトがあります。

これらのメリットは、生成AIが多くの産業や分野で活用され、ビジネスプロセスを向上させ、革新的な機会を提供する理由です。しかし、生成AIの利用には慎重なプライバシーと倫理的な配慮が必要であり、適切な監視と管理が求められます。

デメリット(現状の課題や危険性)

生成AIの活用にはいくつかのデメリットや課題が存在します。

具体的には、下記のようなものが挙げられます。

偽情報の生成

生成AIは大量のテキストやコンテンツを生成できるため、誤った情報や偽情報の生成が懸念されます。

これはデマやフェイクニュースの拡散につながる可能性があります。

プライバシー侵害

生成AIは個人情報を生成するため、プライバシー侵害のリスクが高まります。個人情報の不正利用やプライバシーの侵害に対する対策が必要です。

倫理的側面

生成AIは倫理的な問題を引き起こす可能性があります。人種差別的なコンテンツや攻撃的な言葉を生成する危険性があり、適切なガイドラインと規制が必要です。

トレーニングデータの偏り

生成AIの訓練データに偏りがある場合、偏ったコンテンツやバイアスのある情報を生成するリスクがあります。公平性とバイアスの削減に対する注意が必要です。

テクニカルスキルの不足

生成AIを活用するためには高度なテクニカルスキルが必要です。企業や個人がこれらのスキルを習得するための時間とリソースが必要です。

コスト

生成AIを開発・導入するにはコストがかかる場合があります。特に大規模なプロジェクトでは、予算に制約があるかもしれません。

クリエイティブ業界への影響

生成AIがクリエイティブ業界で広く使用されると、一部の職種(ライター、デザイナー、編集者など)への影響が懸念されます。一部の仕事が自動化される可能性があります。

法的な問題

生成AIが知的財産権や著作権に関する問題を引き起こす可能性があります。生成コンテンツの権利と所有権に関する法的なガイドラインが不足している場合があります。

これらのデメリットや課題は、生成AIの利用に際して考慮すべき重要な側面です。

生成AIの開発と使用においては、倫理的な観点や法的な規制に対する十分な配慮が必要です。

生成AIに業務を淘汰されないためには

生成AIによる業務の淘汰を防ぐためには、下記のアプローチや対策が考えられます。

スキルの向上

AIや生成AIの適切な使用方法を理解し、テクニカルスキルを向上させましょう。AIの開発や監視、運用に関する知識とスキルを習得することで、AIツールを活用できるようになります。

人間の強みを活かす

生成AIは効率的な作業をサポートしますが、人間のクリエイティビティ、判断力、倫理的判断力などの強みは代替できません。AIと人間が連携し、AIの得意な部分と人間の得意な部分を組み合わせることが大切です。

クリエイティビティと戦略性

クリエイティブな業務や戦略的な意思決定など、人間の強みが発揮される業務に焦点を当てましょう。AIはルーチンタスクを処理するのに適していますが、戦略的な判断や創造的な活動は人間に求められます。

学習と適応

AI技術は進化し続けており、新しいツールやプラットフォームが登場します。常に学習し、新しい技術に適応することが重要です。

多様性と柔軟性

様々なスキルと業務領域に対する柔軟性を持つことが、淘汰を防ぐ一因です。単一の業務に依存せず、多様な分野で活躍できる能力を持つことが重要です。

副業や自己ブランドの構築

副業や自己ブランドを構築し、自己実現を追求することが重要です。副業によって新たなスキルや収益源を得ることができます。

リーダーシップとトレーニング

生成AIの導入に関するリーダーシップを発揮し、チームメンバーや同僚に対してAIの活用方法やスキルを教えることが、組織内での価値を高めます。

持続的な自己評価

自己評価と自己向上を継続的に行い、自身のスキルとキャリア目標に合った方向へ進むよう努力しましょう。

生成AIは補助的なツールとして活用されるべきであり、人間の役割と協力関係を築くことが最も効果的な方法です。淘汰を防ぐために、AIと協力して新しい機会を探求し、自身の価値を高めていくことが重要です。

まとめ

現在クロス・オペレーショングループは、自社専用のChatGPTをノーコードで構築できる、MyGPTsの導入支援をさせていただいております。

自社のオペレーションを構築したい方や生成AI、MyGPTsの導入にご興味のある方は、ぜひご相談ください。

この記事を書いた人

Operation事業部

辻川 知週

新卒から5年間、一貫してセールス職を経験。その後、自身で飲食店を創業し、従業員が行う業務のマニュアル化や仕組化をしたことで売上拡大に成功。オペレーショナル・エクセレンスの実現により、身をもってオペレーションの重要性を体感。この成功体験を広めるべく、オペレーション改革の第一線であるクロス・オペレーショングループに入社。週5日ジムに通うほどのトレーニー。

お気軽に
ご相談ください

属人的な業務を脱却させたい、仕組で事業を伸ばしたい、DXに適応した業務改革を行いたい等
オペレーションに関する悩みや不明点は全てクリアにできます。お気軽にご相談ください。