ChatGPT

ChatGPTに自社データを学習させるとどんなことができる?メリットや方法についてご紹介いたします!

2024.06.26

自社の独自データを学習させると、なにができるのか

では実際、ChatGPTに自社の独自データを学習させることでなにができるのでしょうか。

以下、主になにができるかとその詳細について、ご紹介いたします。

カスタマーサポートの強化

独自データを学習させたChatGPTは、より的確で迅速なカスタマーサポートを提供できます。

FAQの自動応答

よくある質問(FAQ)に対して即座に応答可能であり、従来のFAQシステムよりも自然な対話ができます。

トラブルシューティング

製品やサービスに関する技術的な問題に対して、即座に解決策を提供できるようになります。

マーケティングとセールスの支援

営業やマーケティング活動においてもChatGPTは有用です。

プロダクト提案

過去のデータを基に、顧客の好みに合わせた製品やサービスの提案を自動で行うことができます。

キャンペーン情報の案内

現在実施中のキャンペーンやプロモーションの詳細を顧客に伝えることができます。

社内サポートとナレッジ管理

社内での業務効率化にも大いに役立ちます。

ナレッジベースのクエリ応答

社内のドキュメントやデータベースを基に、従業員からの質問に迅速に回答できます。

トレーニングとオンボーディングの補助

新入社員や現職社員向けのトレーニング資料や手順を提供。疑問に即座に答えることができます。

顧客体験の改善

顧客体験を向上させるためのさまざまな活動において、ChatGPTは優れたサポートを提供できます。

パーソナライズドな応答

各顧客の履歴や嗜好に基づいた、カスタマイズされた応答を提供できます。

マルチチャネルサポート

メール、チャット、SNSなど複数のチャネルで一貫した情報を提供できます。

データインテグレーションと分析

ChatGPTを利用することで、データ統合や分析作業も効率化できます。

データクエリ

複雑なデータクエリも自然言語で簡単に行うことができます。

レポート生成

各種データに基づくレポートを自動生成し、担当者に提供できます。

特定業務の自動化

特定のタスクや業務プロセスを自動化するためのカスタムスクリプトやワークフローの作成が可能です。

定型文作成

リードへのフォローアップメールや契約書のドラフト作成などの定型文作成を自動化できます。

スケジュール管理

会議の調整やリマインダー設定などのスケジュール管理をサポートできます。

製品とサービスの標準化と改善

製品やサービスの標準化プロセスをサポートし、改善のためのフィードバックを収集できます。

製品仕様の提供

製品の詳細仕様や使用方法に関する質問に対して正確に回答できます。

フィードバックの分析: 顧客のフィードバックを自動で分析し、課題点や改善点を抽出することができます。

ChatGPTに自社データを学習させる3つの方法

ChatGPTに自社データを学習させる方法にはいくつかのアプローチがあります。

その中でも、代表的な3つの方法をご紹介いたします。

カスタムトレーニングによるファインチューニング

方法概要

事前に大規模データセットで訓練されたモデルを自社の独自データで再度訓練する(ファインチューニング)方法です。この手法は、より特定のタスクや文脈に特化した応答が生成できるようになります。

手順

データ収集:自社データ(カスタマーサポートのログ、FAQ、技術文書など)を収集します。

データ準備:データをクリーンアップし、対象の形式(テキスト形式)に統一します。

データ分割:訓練データ、検証データ、テストデータに分割します。

ファインチューニング:事前訓練済みモデルに対し、これらのデータを使って追加学習を行います。OpenAIのAPIや他のプラットフォームを使用することが可能です。

評価と調整: テストデータでモデルを評価し、必要に応じて調整。

利点

高度なパーソナライゼーションが可能になり、かつ専門的な文脈に対応できるようになります。

プロンプトエンジニアリングとフィードバックループ

方法概要

事前訓練済みのChatGPT(例えば、GPT-3)を直接活用し、プロンプトの設計やフィードバックループを通じて精度を向上させる方法です。ファインチューニングを行わずに、自社データに基づいた質問と回答のやり取りを通じて最適なプロンプトを探します。

手順

データ収集: 自社データ(QAペア、サポートログなど)を準備します。

プロンプト設計: 自社データに基づき、効果的なプロンプト(入力文)を設計します。

API利用: OpenAIのGPT-3 APIを通じて試行錯誤しながらプロンプトを送信します。

フィードバックと調整: 得られた応答に対し、適切かどうかを評価し、プロンプトを調整します。

テンプレート化: 良好な結果が得られたプロンプトをテンプレート化し、運用に活用します。

利点

素早く実装可能であり、モデルのリトレーニングが不要になります。

ハイブリッドアプローチ(APIとデータベースの組み合わせ)

方法概要

ChatGPTのAPIを用い、さらに自社のデータベースやナレッジベースと組み合わせたハイブリッドなアプローチです。この方法では、まずAPIを通じて基本的な質問に回答し、詳細な情報が必要な場合には内部データベースへの照会を行います。

手順

データインフラの設計: 自社データを整理し、アクセスしやすいデータベースを構築します。

API連携: ChatGPT APIと自社データベースを連携するフレームワークを構築します。

質問の振り分け: ChatGPTが回答できる質問と、データベースに振り分ける質問を区分します。

バックエンド処理: ChatGPTの回答結果をデータベースのクエリ結果と統合して提供します。

評価と改善: 得られた結果を評価し、フレームワークをメンテナンス・改善します。

利点

大量のデータに迅速にアクセス可能で、高度な専門知識が必要な質問にも対応ができるようになります。

ChatGPTに自社データを学習させる際の注意点

ChatGPTに自社データを学習させる際には、いくつかの重要な注意点があります。

それらを適切に管理しなければ、データセキュリティやモデルの性能に悪影響を及ぼす可能性があります。

以下、主な注意点についてご紹介いたします。

データの品質

データクレンジング

ノイズや欠損データ、誤った情報を含むデータはモデルの性能に悪影響を及ぼします。

不要なデータを削除し、必要なデータを整理・クリーンアップすることを心がけましょう。

データの一貫性

データのフォーマットや構造を統一して、モデルが一貫して解釈できるようにしましょう。

プライバシーとセキュリティ

個人情報保護

個人情報や機密情報を扱う際には、GDPRやCCPAなどのプライバシー法規制に従い、データの匿名化やマスキングを行うことを心がけましょう。

データセキュリティ

セキュリティの高い環境でデータを保存・管理し、アクセス制御を適切に設定しましょう。

データ転送時には暗号化を実施してください。

バイアスと公平性

データのバイアス確認

データセットが特定の偏見を含んでいないか確認しましょう。例えば、性別、年齢、民族などの属性に基づくバイアスがないかの検証が挙げられます。

多様なデータの使用

偏見を排除するために、多様なデータを収集・使用しましょう。

モデルの評価と検証

精度の検証

学習データと異なる検証データを用いてモデルの精度を評価しましょう。過学習を防ぐために、トレーニングセット、検証セット、テストセットにデータを分割することが有効です。

継続的な評価

モデルの性能が長期間にわたって維持されるか、継続的に監視・評価しましょう。

法的および倫理的考慮

法令準拠

データの使用目的に応じて、適用される法令や規制を遵守しましょう。

例えば、各国のデータ保護法規制(GDPR、CCPAなど)の確認が有効です。

倫理的責任

モデルが倫理的に適切な判断を下すようにしましょう。

特に自動化された意思決定システムにおいて、倫理的責任を持つ必要があります。

インフラとスケーラビリティ

計算資源の確保

モデルのトレーニングや実行には大量の計算資源が必要になります。

具体的には、必要なGPUやクラウドインフラの確保を行います。

スケーラビリティ

将来的なデータ量の増加や利用者の増加に対応できるよう、スケーラブルなシステムを設計しましょう。

ユーザーフィードバックの活用

フィードバックループ

実際のユーザーからのフィードバックを収集し、それを基にモデルを改善しましょう。

これにより、モデルの性能が向上します。

インタラクティブなテスト

チャットシナリオを通じて、モデルの応答が実際の使用ケースで適切であるかを確認しましょう。

APIとデータベースの統合

適切なAPI設計

自社データを学習したモデルを利用するために、セキュアでスケーラブルなAPIを設計しましょう。

統合テスト

データベースや他のシステムとの統合において、適切なテストを行い、APIの一貫性と性能を確認しまじょう。

ドキュメンテーションとトレーニング

詳細なドキュメンテーション

モデルの設計、トレーニングプロセス、データの使用方法に関する詳細なドキュメンテーションを作成しましょう。

トレーニング

モデルの使用方法やAPIの活用方法について、関連する従業員やステークホルダーに対するトレーニングを実施しましょう。

継続的なアップデート

定期的なリトレーニング

新しいデータを定期的に取り入れ、モデルをリトレーニングすることで、性能を維持・向上させましょう。

技術的アップデートの追跡

AI技術やツールの進化を追跡し、必要に応じて最新技術を取り入れましょう。

これらの注意点を適切に管理することで、安全で効果的なChatGPTの活用が可能となります。自社の目的やリソース、データの性質に応じて、これらのポイントを柔軟に対応して、最適な結果を目指しましょう。

ChatGPTに自社データを学習させるメリット

ChatGPTに自社データを学習させることによる多くのメリットがあります。

以下、主なメリットについてご紹介いたします。

精度の高い応答生成

カスタマイズされた応答

高度な専門知識: 自社の業界や製品に特化したデータを学習させることで、一般的なモデルでは提供できない詳細で精度の高い応答を生成できます。

文脈理解力の向上

企業固有の用語やトピックを理解し、文脈に基づいた適切な回答を生成します。

ユーザーエクスペリエンスの向上

パーソナライズドな対応

個別対応: 顧客の履歴や特性に基づいたパーソナライズドな応答を提供し、より満足度の高いサービスを実現します。

迅速な対応: 自社データを基にした即時応答が可能となるため、顧客の待ち時間が短縮されます。

業務効率の改善

自動化の促進

カスタマーサポートの効率化: 問い合わせ対応を自動化し、サポートスタッフの負担を軽減。定型的な質問に対しては即座に応答が可能になります。

ナレッジマネジメント: 社内の知識や情報を統合し、従業員が素早く必要な情報にアクセスできるように支援します。

データドリブンな意思決定

インサイトの提供

リアルタイム分析: ユーザーとのインタラクションを通じて得られるデータを蓄積・分析し、ビジネスの改善点や新しい機会を発見できるようになります。

フィードバックの活用: 顧客からのフィードバックを活用し、製品やサービスの改善に役立てることができます。

競争優位性の確保

差別化要素

独自性の強化: 自社独自のデータを学習させることで、競合他社と差別化された高度なサービスを提供できるようになります。

顧客ロイヤルティの向上: 高度なパーソナライゼーションにより、顧客の満足度とロイヤルティを向上させることができます。

コスト削減

効率的なリソース利用

手作業の削減: 自動応答によって手作業での対応が減り、人件費の削減が期待できます。

スケーラビリティ: AIによる応答はスケーラブルであり、急なトラフィックの増加にも対応可能です。

イノベーションの促進

新たなサービスの開発

プロダクト化: 自社データを活用した新たなAIベースのプロダクトやサービスを開発し、新しい収益源を創出できるようになります。

連携サービスの向上: 他のサービスやシステムと連携し、新たな価値を提供するソリューションの構築が可能です。

リアルタイム対応能力

即時応答

24時間サポート: 一日中いつでも即時応答できるため、顧客サポートの質を高めます。

リアルタイムの提案: 顧客の行動や履歴を基に、リアルタイムでプロダクトやサービスの提案を行うことができます。

安全性とプライバシー

内部データの活用

セキュリティの強化: 外部にデータを渡さずに内部で訓練を行うことで、データの安全性とプライバシーを保護できます。

コンプライアンス: 法的規制に適合した形でデータを管理し、コンプライアンスを徹底することが可能です。

継続的な改良と最適化

学習の継続

アップデートの容易さ: 新しいデータやフィードバックを継続的にモデルに取り込み、性能を常に最適化できます。

適応力の向上: 市場や顧客ニーズの変化に迅速に対応し、状況に応じた最適な応答を提供することが可能です。

これらのメリットを最大限に活用するためには、適切なデータ管理とモデルの運用が必要です。自社データを学習させることで、より精度の高い、パーソナライズドな応答が可能となり、競争力を高めることができます。導入前に目的やリソースをしっかりと見極め、適切な方法を選定することが成功の鍵となります。

ChatGPTに自社データを学習させるデメリット

上記の通り、ChatGPTに自社データを学習させることには多くのメリットがありますが、同時にデメリットやリスクも存在します。以下、主なデメリットについてご紹介いたします。

データセキュリティとプライバシー

データ漏洩のリスク

自社データを外部サービスやクラウドプラットフォームにアップロードする際、データ漏洩のリスクがあります。

また、悪意のある攻撃者によるサイバー攻撃や不正アクセスの可能性も否めません。

プライバシーの問題

個人情報や機密情報が含まれている場合、データ保護規制(例:GDPR、CCPA)に違反する可能性があります。

プライバシー保護の観点からデータの匿名化やマスキングが必要ですが、これによりデータの有用性が低下する可能性の否めません。

コスト

高額なリソース費用

データの準備とクレンジング、モデルのファインチューニングには計算資源が必要で、高額なクラウドコンピューティング費用が発生することがあります。

また、継続的なデータ更新やモデル再訓練が必要な場合、長期的な運用コストも高くなります。

人的リソースと時間

データサイエンスや機械学習の専門知識が必要で、これには専門の人材と多大な時間がかかります。

また、専門家を社内で育成するか外部から雇う必要があり、それに伴うコストが発生します。

データクオリティとバイアス

データの偏り

学習データが偏っていると、モデルも偏った応答をすることになります。これにより、不公平な結果や差別的な発言を生成するリスクがあります。

データの質の問題

ノイズや誤った情報が含まれるデータは、モデルの性能を低下させます。

また、データクレンジングや前処理にかなりの労力が発生します。

モデルの管理とメンテナンス

複雑な管理

一度学習させたモデルも定期的なメンテナンスや更新が必要となります。

これには専門知識が必要で、管理が複雑になりがちです。

また、モデルのパフォーマンスを継続的に監視し、劣化を防ぐために適宜リトレーニングを行う必要があります。

ブラックボックス問題

高度な機械学習モデルは「ブラックボックス」として機能しやすく、どのようにして特定の応答が生成されたのかを解明するのが難しい場合があります。

期待と現実のギャップ

期待過剰

AIの性能に対して過剰な期待を持ちすぎると、実際の運用でのパフォーマンスが期待に達しない場合に失望が生じる可能性があります。

ユーザーや管理職に対して現実的な期待設定を行う必要があります。

初期結果の低さ

開始当初はモデルの精度が低く、期待通りの結果が得られない場合があります。このため、継続的な改良が不可欠となります。

法的および倫理的課題

法的リスク

自社データの使用が法令に違反するリスクがあります。特に厳格なデータ保護規制が適用される地域(例:EUのGDPR)の場合、違反すると多額の罰金が科せられる可能性があります。

倫理問題

AIが生成する内容が無意識のバイアスや偏見を含む場合、企業の評判に悪影響を与える可能性があります。

企業の倫理方針に反する内容が生成されるリスクがあります。

適応性と柔軟性の問題

シナリオの限定

特定のシナリオやデータセットに特化しすぎると、他のシナリオには適用しにくくなる可能性があります。

汎用的な応答や意図しない質問に対しての対応力が低下する可能性も否めません。

継続的なフィードバックの難しさ

ユーザーフィードバックの適切な収集

ユーザーからのフィードバックを適切に収集し、それを効果的にモデルに反映させるのが難しい場合があります。

フィードバックの量が多すぎる場合、それを手動で処理するのは困難になります。

これらのデメリットを考慮することで、ChatGPTに自社データを学習させる際のリスクを最小化し、最大の効果を発揮させるための準備ができます。データの取り扱い、リソースの確保、そして法的および倫理的な側面を全面的に考慮することが重要です。

自社データを学習させたChatGPTの活用事例

自社データを学習させたChatGPTは多くの分野で非常に有用です。

以下、具体的な活用事例について、いくつかご紹介いたします。

カスタマーサポート

高度なFAQ応答

事例: オンラインリテール企業が顧客からの質問に迅速に対応するため、過去のチャットログやFAQデータを学習させたChatGPTを利用しました。これにより、製品情報、注文ステータス、返品手続きなどについて即座に正確な回答を提供できるようになりました。

トラブルシューティング

事例: テクノロジー企業が技術サポートのためにChatGPTを使用しました。製品のマニュアルやサポートチケットのデータを学習させた結果、ソフトウェアのインストールやトラブルシューティングに関する複雑な問題も迅速に解決しました。

セールスとマーケティング

パーソナライズドなプロダクト提案

事例: eコマースサイトが顧客の購入履歴や閲覧履歴のデータを学習させたChatGPTを導入しました。これにより、各ユーザーごとに自動的にカスタマイズされた製品提案を行い、顧客エンゲージメントと売上が向上しました。

キャンペーンの情報提供

事例: マーケティング会社が過去のキャンペーンデータや顧客の反応データを学習させたChatGPTを利用しまました。新しいプロモーションやキャンペーン情報を顧客に効果的に伝えることで、コンバージョン率を高めました。

社内ナレッジマネジメント

従業員からの問い合わせ対応

事例: 大手製造業が社内のナレッジベースやFAQを学習させたChatGPTを活用し、従業員からのよくある質問に対して即座に回答できるようにしました。これにより、ITサポートや人事関連の問い合わせが減少し、業務効率が向上しました。

ドキュメント検索支援

事例: 法律事務所が過去のケースファイルや法的文書のデータを学習させたChatGPTを導入しました。弁護士が必要な情報を簡単に検索できるようになり、ケース準備の時間を大幅に短縮しました。

ヘルスケア

患者情報管理とサポート

事例: ヘルスケアプロバイダーが患者の診療記録や電子健康記録(EHR)を学習させたChatGPTを使用しました。患者からの質問に対し、より的確で詳細な情報を提供し、診療の質を向上しました。

医療相談

事例: 健康相談サービスが過去の医療相談データを学習させたChatGPTを利用しました。ユーザーがチャット形式で健康上の疑問に対して迅速にアドバイスを受けられるシステムを構築を実現しました。

教育

学習支援とチュータリング

事例: オンライン教育プラットフォームが過去の授業内容や学生の質問データを学習させたChatGPTを導入しました。学生が質問を投げかけると、的確な回答や追加リソースを提供し、学習の効果を高めました。

教材の自動生成

事例: 教育機関が過去の試験問題や講義ノートを学習させたChatGPTを活用し、教師が効率的に教材や練習問題を自動生成しました。これにより、教師の負担が軽減され、生徒の学習体験も向上しました。

リサーチとデータ分析

データレポート自動生成

事例: 研究機関が過去の研究データやレポートを学習させたChatGPTを使用しました。研究者が新しいデータをインプットするだけで、レポートの概要や考察部分を自動で生成できるようになり、研究のスピードが向上しました。

質問対応とサポート

事例: データ分析企業が社内のドキュメントやクエリデータを学習させたChatGPTを利用しました。スタッフが複雑なクエリの構築方法や分析手法に関する質問に対して即座に回答を得られるようになり、業務効率が劇的に向上しました。

法務部門

契約書のレビューと作成支援

事例: 法務部が過去の契約書や法的文書データを学習させたChatGPTを導入しました。契約書のドラフト生成やレビューを自動化し、時間とリソースの節約を実現しました。

法的相談対応

事例: コンサルティング会社が過去のコンサルティングログや法的アドバイスを学習させたChatGPTを利用しました。クライアントからの簡易な法的質問に対し即座に回答し、サービスの迅速化と信頼性向上を実現しました。

これらの事例から分かるように、ChatGPTに自社データを学習させることで、様々な業務プロセスの効率化や顧客体験の向上が期待できます。これにより、企業は競争力を高め、顧客満足度を向上させることができます。ただし、活用の際にはデータのセキュリティやプライバシー保護に十分留意し、適切な管理と運用を行うことが重要です。

まとめ

最後に、クロス・オペレーショングループは、「業務特化型のChatGPT」となる「OpsAI」をご提供させていただいております。「OpsAI」とは、クロス・オペレーショングループが独自開発した、「自社独自のカスタムチャットを作成できるChatGPT」で、ChatGPTと同様の「GPT-4o」を基盤(データベース)にしている上に、安価にご活用いただけるサービスとなっております。もしご興味があれば、お気軽にご連絡くださいませ。

この記事を書いた人

Operation事業部

辻川 知週

新卒から5年間、一貫してセールス職を経験。その後、自身で飲食店を創業し、従業員が行う業務のマニュアル化や仕組化をしたことで売上拡大に成功。オペレーショナル・エクセレンスの実現により、身をもってオペレーションの重要性を体感。この成功体験を広めるべく、オペレーション改革の第一線であるクロス・オペレーショングループに入社。週5日ジムに通うほどのトレーニー。

お気軽に
ご相談ください

属人的な業務を脱却させたい、仕組で事業を伸ばしたい、DXに適応した業務改革を行いたい等
オペレーションに関する悩みや不明点は全てクリアにできます。お気軽にご相談ください。