生成AI

AI画像やAIイラストを活用して、アウトプットを作成しよう!

2024.06.26

現代のビジネスやクリエイティブの現場では、AI技術がますます重要な役割を果たしています。AI画像やAIイラストは、デザインの効率化や新しいアイデアの創出に大いに貢献します。本記事では、AIを活用した画像やイラストの具体的な作成手順、効果的な活用方法、そして取り組む際の注意点について解説します。

AI画像とは

AI画像とは、人工知能(AI)技術を活用して生成された画像のことを指します。

AI画像の生成は、コンピューターに大量の画像データを学習させることで行われます。例えば、何千何万枚もの猫の写真を学習させると、AIはその学習結果から新しい猫の画像を生成することができます。このプロセスにより、元のデータセットには存在しない新しい画像を作り出すことが可能です。AI画像の応用範囲は広がっており、広告やマーケティング、エンターテインメント、バーチャルリアリティ(VR)など、多岐にわたる業界で利用されています。また、アートの分野でも注目を浴びており、AIが生成する美術作品は新しい創作の可能性を示しています。

しかしながら、AI画像には著作権や倫理の問題も存在します。生成された画像の著作権の帰属や、偽情報の拡散への懸念など、社会的な課題も指摘されています。

AIイラストとは

AIイラストとは、人工知能(AI)技術を用いて生成されたイラストのことを指します。

AIイラストの生成プロセスは、大量のデータセット、すなわち多くのイラストや画像をAIに学習させることから始まります。例えば、キャラクターのイラストを大量に学習させると、AIはそれらの情報を基に新しいキャラクターイラストを生成することができます。このプロセスにより、オリジナルなイラストを短時間で大量に作成することが可能です。AIイラストの応用範囲は広がっており、ゲーム業界、広告、アート、デザインなど、多岐にわたる分野で利用されています。特にゲームキャラクターのデザインやコンセプトアートの生成においては、大きな役割を果たしています。また、AIが生成するアート作品は、新たな創作の可能性を開拓し、多くのアーティストに影響を与えています。

しかしながら、AI画像と同様に著作権や倫理の問題も存在します。誰が生成されたイラストの著作権を持つのか、またそれが人間のアーティストに与える影響など、社会的な課題にも取り組む必要があります。

どんなアウトプットに活用するとよいか

AI技術の進化により、AI画像とAIイラストはさまざまな分野での活用が期待されています。ここでは、その具体的な活用方法について紹介します。

広告・マーケティング

AI画像とAIイラストは広告やマーケティングの分野で大いに役立ちます。広告キャンペーンやプロモーションのために、高品質で魅力的なビジュアルコンテンツを迅速に生成することが可能です。ブランドイメージに合わせたオリジナルのイラストや画像を作成することで、より効果的なマーケティング施策を実現できます。また、パーソナライゼーションを施した広告クリエイティブも、AIを用いることで容易に展開できます。

ゲーム開発やアニメーション制作

ゲーム開発やアニメーション制作においても、AIイラストは重要な役割を果たします。キャラクターデザインや背景イラストなどを効率的に生成できるため、開発期間の短縮とコスト削減に繋がります。また、既存のアートスタイルに基づいた新たな作品の創造も可能です。AIの創造力を利用して、プレイヤーや視聴者を引きつけるユニークなコンテンツを提供することができるでしょう。

メディア・出版

雑誌、書籍、ウェブメディアなどのビジュアルコンテンツも、AI画像とAIイラストを用いることで、低コストで高品質なイメージを提供できるようになります。記事のトピックに合わせてカスタムイメージを生成することができ、読者の関心を引く効果的なビジュアルエイドを提供します。この技術は、ニュース記事、教育資料、エンタメコンテンツなど多岐にわたるメディアで活用できます。

ファッションとデザイン

ファッション業界でも、AIイラストはデザインプロセスを革新します。新しい服飾デザインやパターンをAIが生成することで、デザイナーのインスピレーションを刺激し、新たな創造性を引き出します。試作品のビジュアル化が簡単に行えるため、製品開発がスムーズになるでしょう。また、インテリアデザインやプロダクトデザインにもAI画像生成技術が活用されています。

医療と科学研究

AI画像は医療分野での診断支援にも有用です。X線画像やMRI画像の解析を行い、異常を検出するAIシステムは既に実用化されています。また、研究の分野でも、データの可視化や「データアート」を生成するためにAIイラストが使われています。これにより、研究成果をわかりやすく伝えることが可能になります。

アウトプットの作成方法

実際にどのようにしてアウトプットが作成されるのか、事例と方法を紹介します。

全体の流れ、手順は6ステップです。「データの収集」「データの前処理」「モデルの選定」「学習」「生成と評価」「実装とテスト」の順に沿って紹介していきます。

あくまでも一例であり、参考程度にご覧ください。

事例1: オンライン広告用のバナー画像

  1. データの収集

まず、AIに学習させるために大量のバナー画像データを収集します。これには、広告キャンペーンに成功したバナー画像や、業界で一般的に使用されているデザインが含まれます。データはカテゴリーごとに整理し、タグ付けします。

  1. データの前処理

収集した画像データは前処理が必要です。画像のサイズを統一し、ノイズを除去します。また、必要に応じて輝度やコントラストの調整を行います。

  1. モデルの選定

次に、生成モデルを選定します。バナー画像の生成にはGenerative Adversarial Network(GAN)が適しています。特に、Deep Convolutional GAN(DCGAN)やStyleGANがよく利用されます。

  1. 学習

GANに画像データを入力し、学習を開始します。このフェーズでは、生成モデル(Generator)と識別モデル(Discriminator)が相互に競い合いながら学習を進めます。良好な結果が得られるまで、このプロセスを何度も繰り返します。

  1. 生成と評価

学習が完了したら、モデルを用いて新しいバナー画像を生成します。生成された画像は、人間のデザイナーによって評価され、最適なものが選ばれます。また、必要に応じて微調整を行います。

  1. 実装とテスト

最終的に選定されたバナー画像をオンライン広告プラットフォームに実装し、広告キャンペーンを開始します。効果を評価するためのテストを行い、フィードバックを基にさらなる改善を図ります。

事例2: ゲームキャラクターのデザイン

  1. データの収集

まず、学習データとして多くのゲームキャラクターのイラストを収集します。収集するデータは、異なるスタイル、ポーズ、色使いを含む多様なものにします。

  1. データの前処理

収集したイラストデータを前処理します。画像の解像度を統一し、必要に応じて背景を透明にするなどの処理を行います。特定のフィーチャ(例:顔の特徴や服装)をタグ付けして整理します。

  1. モデルの選定

ゲームキャラクターの生成には、Variational Autoencoder(VAE)やConditional GAN(cGAN)が適しています。特に、cGANは特定の条件(例:キャラクターの属性)に従って画像を生成できるため便利です。

  1. 学習

選定したモデルにデータを入力し、学習を開始します。VAEは潜在変数を用いてデータの潜在構造を学習し、cGANは条件付きでデータを生成します。高品質なキャラクターが生成されるまで、このプロセスを繰り返します。

  1. 生成と評価

学習が完了したら、新しいキャラクターイラストを生成します。生成されたキャラクターは、デザイナーやゲーム開発者により評価されます。必要に応じて、色やディテールの微調整を行います。

  1. 実装とテスト

最終的に選定されたキャラクターデザインをゲームに実装し、適切なアニメーションやパラメータを追加します。ゲーム内でのテストを行い、フィードバックを基にさらに改良します。

事例3: 雑誌の表紙デザイン

  1. データの収集

学習するために、過去の雑誌の表紙画像を大量に収集します。各表紙画像には、色、レイアウト、フォント、画像のセグメントなどの特徴を持つタグを付けます。

  1. データの前処理

収集したデータを前処理します。画像サイズの統一、ノイズ除去、輝度やコントラストの調整を行い、タグ付けを正確に行います。また、画像の一部をクロッピングして、特定の要素(例:タイトル部分やメインイメージ部分)を強調します。

  1. モデルの選定

雑誌の表紙生成には、StyleGANやBigGANが適しています。これらのモデルは、高解像度で複雑な画像生成が得意です。また、デザインのスタイルを学習し、多様なアウトプットを提供できます。

  1. 学習

GANモデルにデータを入力し、学習を開始します。このプロセスでは、デザインのイノベーションと既存のスタイルのバランスを取ることが求められます。生成の精度を高めるために、多数のエポックを経て学習を繰り返します。

  1. 生成と評価

学習が完了したら、新しい雑誌の表紙デザインを生成します。生成されたデザインは、編集者やデザイナーによって評価されます。特定のテーマやコンセプトに最も適したデザインを選定し、必要に応じて微調整を加えます。

  1. 実装とテスト

 最終的に選定された表紙デザインを実際の雑誌に実装します。印刷前の最終確認として、色校正やレイアウトの最終チェックを行います。リリース後には、読者の反応や市場のフィードバックを収集し、次号の改善に役立てます。

AI画像やAIイラストを活用する際に注意すべきこと

AI画像やAIイラストを活用する際には、まず、著作権問題があります。AIが生成した画像やイラストの著作権が誰に属するのかを明確にする必要があります。多くのAIモデルは、インターネットから収集した大量のデータを学習素材として使用していますが、そのデータ自体が著作権で保護されている場合があります。無断で使用すると法律問題に発展するリスクがあるため、使用するデータのライセンス状況を確認することが重要です。

次に、倫理的な問題もあります。AIが生成するコンテンツは、人間の創造力を模倣するものであり、その結果としてアーティストやデザイナーの仕事を脅かす可能性があります。AIを利用して生成されたコンテンツが人間の労働を置き換える場合、その影響についても考慮する必要があります。

さらに、AIが生成するコンテンツの品質にはばらつきがあるため、最終的なチェックと修正が不可欠です。生成された画像やイラストが目的に適しているか、一貫性が保たれているかを確認し、必要に応じて手動で修正を行います。

最後に、AIモデルのバイアスについても注意が必要です。学習用データセットに偏りがあると、生成されるコンテンツにもその偏りが反映されることがあります。これを避けるためには、多様でバランスの取れたデータセットを使用し、生成結果を定期的に評価することが重要です。

これらの点を意識することで、AI画像やAIイラストの効果的かつ倫理的な活用が可能となります。

まとめ

この記事では、AI画像とAIイラストの活用とその手順、注意すべきことをお伝えさせていただきました。

AI画像やAIイラストに限らず、生成AIの活用は、効率などを向上させるために有力です。ただ一方で、その力に頼りすぎてしまうことで招かれるリスクが多分にあります。主体で動くのは人とすることを基本とし、生成AIは補助ツールである、サポートしてくれる存在であるということをしっかり認識した上で、上手く活用することが重要ではないでしょうか。

株式会社クロス・オペレーショングループは、どの領域においても、〇〇 x Operation/Ops という両軸で価値提供をおこなっています。机上の空論や情報、アドバイスだけの提供ではなく、クライアントの現場における実行と浸透=オペレーション構築まで支援するのがクロス・オペレーショングループのコンサルティング職です。

もし、事業グロースのために

  • オペレーション構築・改善・強化を取り組みたい
  • ChatGPTを活用した、導入支援サービスに興味がある

という方がいらっしゃいましたら、株式会社クロス・オペレーショングループのことを思い出していただければと思います。

この記事を書いた人

Operation事業部

奥名 美和

コンタクトセンター/ITアウトソーシング企業に新卒入社。オペレーターからマネジメントまでを経験の後、人材サービス企業にて、カスタマーサクセスの事業立ち上げを経験。オペレーション設計・構築・運用を幅広く行うとともに、バックオフィスのオペレーション改革を実行。自身の強みとしている「オペレーション」を世の中の多くの企業へ広げていきたいと思いクロス・オペレーショングループに参画。お酒をこよなく愛する。特にラム酒が好き。

お気軽に
ご相談ください

属人的な業務を脱却させたい、仕組で事業を伸ばしたい、DXに適応した業務改革を行いたい等
オペレーションに関する悩みや不明点は全てクリアにできます。お気軽にご相談ください。